PR

救援活動や復旧作業を迅速かつ的確に進めるには、正確な状況把握や、二次災害を回避しながらの継続的な監視などが求められる。こうしたニーズに応えるために、IT(情報技術)を駆使した防災システムが活用され、多面的な情報収集や情報分析、遠隔地からの継続監視、警戒情報や避難情報の自動発信などの機能によって防災活動を支援している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い