PR

国土交通省三次河川国道事務所は海田原橋の橋桁落下事故の原因について、橋桁を載せた台車に車止めなどを設置していなかったことで台車が滑走したことが主因と断定。安全確認を徹底したうえ、大キャンバーと呼ぶ木製の車止めを新たに設置するなどの再発防止策を講じて10月25日、桁の架設作業を再開すると発表した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い