PR

箱桁の側面部(ウェブ)にチョウの形をしたPC(プレストレスト・コンクリート)製のパネルを使った「バタフライウェブ橋」の世界初採用の工事が始まった。西日本高速道路会社が発注した東九州自動車道の田久保川橋の工事で、三井住友建設が契約後VE(バリュー・エンジニアリング)として同技術を提案。両社が共同開発を進めて採用に至った。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い