PR

日本触媒と鹿島、清水建設、大成建設、北海道大学は共同で、耐凍害性を損なわずに鉄筋コンクリート構造物の乾燥収縮ひび割れを抑制する技術を実用化した。日本触媒が開発した乾燥収縮低減剤の「アクアガード」を使い、日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得した。土木構造物への適用も可能だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い