PR

八ツ場ダム建設事業の再検証で国土交通省は12月1日、「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」の会合を開催し、「建設継続が妥当」とした関東地方整備局の対応方針案の検証作業を適切だと評価した。同会議は7日に開催する次回会合でも引き続き八ツ場ダムを取り上げ、東日本大震災を踏まえた検証を実施する予定だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い