PR

隠れた場所で起こるトラブルは厄介だ。見えないからこそ、発見したときには重大な災いとなって降りかかる。日経コンストラクションは、そんな「隠れトラブル」を12月12日号と12月26日号の2号連続で特集する。見えない場所の代表とも言えるのが、コンクリートの内部だ。なかでもPC(プレストレスト・コンクリート)橋の内ケーブルは、非破壊検査でも調査が難しい。近年、見えないPC内ケーブルの破断が続いている。1橋の実例を通して、どうやって破断を未然に防ぐかを考える。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い