PR

国土交通省九州地方整備局は12月26日、試験湛水中の嘉瀬川ダムの水を利用して九州電力が23日から水力発電を始めたと発表した。同社から申請があった発電の開始を、電力不足などを考慮して認めた。試験湛水の段階で発電に向けた利水を認めるのは、九州地方整備局で初めて。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料