PR

清水建設と保全工学研究所(東京都千代田区)、倉敷紡績は共同で、熱画像と可視画像を組み合わせてコンクリート構造物の劣化状況を調査・診断するシステム「HIVIDAS(ヒビダス)」を開発した。画像解析をもとに判定するので、従来の目視や打音調査と比べて、調査員の技術力による診断のばらつきを少なくできる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い