PR

国土交通省は1月27日、有識者で構成する整備新幹線小委員会(委員長・家田仁東京大学大学院教授)の初会合を開き、整備新幹線の未着工3区間について整備効果などの検証を始めた。3月までに5回程度の会合を開き、国交省が試算した採算性や投資効果を再確認したうえで、年度内の建設認可を目指す。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い