PR

Cさん(43歳)は、県内では比較的大手の建設会社で現場代理人を務めている。交渉力が会社の業績に影響するとあって、対話や交渉をテーマにした書籍などを通して必要なテクニックを身に付けようとしている。ところが、工事現場では元請けと下請けの関係があり、さらに発注者からの要請にはたとえ無理とわかっていても了承せざるを得ない場合が珍しくない。このような状況から、「書籍を読んでみても、現場で有効に活用できるのかわからない」とCさん。工事現場でも交渉のテクニックが本当に必要なのだろうか? さらにそのテクニックをどう活用すればいいのだろうか?

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い