PR

2月7日に発生した岡山県倉敷市のシールドトンネル事故を受けて、国土交通省港湾局技術企画課は、再発や類似事故を防止するために全国の港湾管理者に注意喚起の文書を2月23日付で通知した。港湾管理者に対して官公庁工事だけでなく、民間企業が実施する工事へも自主的な点検を促すように注意喚起している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い