PR

建設会社にとって、外注費の削減は大きな課題となっている。ある県の中堅クラスの建設会社であるC社も、利益を確保するために協力会社との契約単価を見直し、原価を下げたいと考えている。同社の土木部門は集中購買ではなく、個々の現場代理人がそれぞれ交渉する形だ。最終的な判断は工事部長が下すものの、現場代理人の能力次第といった面もある。協力会社に無理を強いて価格を不当に削減するのではなく、お互いが納得する形で工事の単価を決めるには、どのようなテクニックや交渉力が必要だろうか?

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い