PR

2030年本体着工、49年供用開始──。大林組が打ち出した宇宙エレベーター構想の建設スケジュールだ。完成すれば、最頂部は地上からの距離が9万6000kmにも及ぶ。間違いなく、世界で最も高い構造物となる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い