PR

清水建設は、津波の三次元的な動きを再現することで構造物に作用する津波荷重を高精度に予測する「津波総合シミュレーションシステム」を開発した。高速演算できるスーパーコンピューターを使うことで、地形や構造物といった複雑な形状の影響を考慮した予測が可能になった。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い