PR

ハザマは、東日本大震災で発生したコンクリートがらの再利用を促進するため、既存の解体コンクリート塊再生利用技術を応用した再利用工法を開発し、実用化のめどを付けた。課題だった大粒径の粗粒材を使用した場合の密実性低下、付着した海水塩分の影響、重金属類などの有害物質の溶出も克服した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い