PR

大阪市がJR天王寺駅前で進めている阿倍野歩道橋架け替え工事で、請負工事の契約金額を約21億1542万円から約25億1088万円に増額した。5月25日の大阪市議会本会議で変更案を可決した。2013年4月末の完成を目指す阿倍野歩道橋架け替え工事が始まったのは09年10月。施工者は大日本土木・片山ストラテックJVだ。同工事では、これまでに金額を5回変更するとともに、工期も1回延長している。今回の増額で、当初の契約金額である17億6400万円の約1.4倍に膨れ上がった。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い