PR

E社は公共工事の発注が減ってきたことから民間の土木工事の営業にも力を入れており、個人が所有する田んぼの造成工事を受注した。コンクリート製の擁壁を築造して表土をすき取り、購入土によって盛り土する工事だ。低価格で受注したうえ、発注者である田んぼの所有者と隣地の地主とは仲が良いとは言えないこともわかった。このような状況で、コストダウンに結び付けて利益を確保するには、発注者とどう交渉すればよいだろうか?

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い