PR

河川の計画高水位の制約下で橋面を低くするために、複合トラス構造のエクストラドーズド橋を採用した。渇水期なのに増水する恐れが高まったので、桟橋を使う架設方法に変更。本設の斜材ケーブルを架設中にも使うことで、桁下空間を確保した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い