PR

民間信用調査会社の帝国データバンクは6月25日、2011年度の「上場建設会社64社の受注・業績動向調査」の結果を発表した。受注高は前年度比6.5%増の約10兆5000億円。一方、職人不足による人件費の高騰に加え、予算が復興以外に回りにくいことから同社は建設会社の倒産が今後、増加基調で推移する可能性が否めないとみている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い