PR

ピーエス三菱と神戸大学大学院の森川英典教授は共同で、亜硝酸リチウム水溶液を使って既設PC(プレストレスト・コンクリート)鋼材の腐食を抑制する「リパッシブ工法」を開発した。シース管内のグラウト充填不足で腐食したPC鋼材に対し、鋼材表面の錆(さび)層内にある塩化物イオンを亜硝酸イオンに置き換えて酸化被膜をつくることで、補修後に腐食しにくくする。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い