PR

今後、老朽化した橋梁数が増えるにつれて、手当てする事業費が足りなくなる。逆に長期的な維持管理費を抑えるには、現時点で損傷が激しい橋梁を一掃しつつ、損傷が軽微なうちに補修する予防保全を進めなければならず、初期コストが膨らむ。多くの自治体が、そうした予算上のジレンマに陥っているなかで、宮崎県は「汗人(あせっと)マネジメント」と名付けた取り組みの中で、割り切った橋梁の維持管理計画を作成した。ポイントは、国土交通省が推し進める予防保全を当面は諦めたことにある。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い