PR

建築分野で先行するBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を土木分野で活用する動きが、米国で急速に広がっている。建設生産プロセスに三次元モデルを活用するもので、日本では国土交通省がCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)と名付けて普及を図ろうとしている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い