PR

国土交通省の「首都高速の再生に関する有識者会議」(座長:政治評論家の三宅久之氏)は9月19日、都心環状線の高架橋を撤去し、大深度地下の利用を含めた首都高速道路の再構築を目指す必要があるとの提言をまとめた。これまでの会合で示されていた、高架橋を撤去して代替路線は造らない「単純撤去案」や、現状のまま更新する「単純更新案」は採用しなかった。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い