PR

建設事業の失敗事例を集めた「現場の教科書」が今年8月、土木学会建設マネジメント委員会(委員長:小沢一雅・東京大学大学院教授)の「グッド・プラクティス賞」を受賞した。作成したのは、官民の建設技術者らで構成する「栃木県魅力ある建設事業推進協議会」と「栃木県建設技術協会」。失敗事例を有用な知見として活用する考え方や、内部資料にとどめず外部にも公開している点などが評価された。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い