PR

五つのテーマに分けて展示

 約130点の写真は、テーマごとに分けて展示している。「GOD(鬼籍に入られた人々)、「STAR(すべての人々に知られる有名人)」、「SPECTACLE(私たちを異次元に連れ出す夢の世界)」、「BODY(裸の肉体、美とエロスと闘い)」、「ACCIDENTS(2011年3月11日、東日本大震災で被災された人々の肖像)」の五つだ。

「GOD」のセクションでは、三島由紀夫のほか、美空ひばりや勝新太郎など計11点を展示(写真:日経コンストラクション)
「GOD」のセクションでは、三島由紀夫のほか、美空ひばりや勝新太郎など計11点を展示(写真:日経コンストラクション)

「STAR」のセクションでは、吉永小百合や山口百恵から安室奈美恵、AKB48まで計38点を展示(写真:日経コンストラクション)
「STAR」のセクションでは、吉永小百合や山口百恵から安室奈美恵、AKB48まで計38点を展示(写真:日経コンストラクション)
「SPECTACLE」のセクションでは、市川海老蔵や中村獅童、ディズニーのキャラクターなど、41点の写真を展示(写真:日経コンストラクション)
「SPECTACLE」のセクションでは、市川海老蔵や中村獅童、ディズニーのキャラクターなど、41点の写真を展示(写真:日経コンストラクション)

「BODY」のセクションでは、宮沢りえや高岡早紀、貴乃花、本木雅弘など、28点の写真を展示(写真:日経コンストラクション)
「BODY」のセクションでは、宮沢りえや高岡早紀、貴乃花、本木雅弘など、28点の写真を展示(写真:日経コンストラクション)

「ACCIDENTS」のセクションでは、被写体ご本人と出会う一幕もあった。岩手県陸前高田市から来たその女性は「写真展のおかげで初めて東京に来ることができた。写真を見ると元気になります」と笑顔で話してくれた(写真:日経コンストラクション)
「ACCIDENTS」のセクションでは、被写体ご本人と出会う一幕もあった。岩手県陸前高田市から来たその女性は「写真展のおかげで初めて東京に来ることができた。写真を見ると元気になります」と笑顔で話してくれた(写真:日経コンストラクション)

■ 「篠山紀信展 写真力 / THE PEOPLE by KISHIN」概要

  • 会期:2012年10月3日(水)~12月24日(月・祝)、月曜日休館(祝日の場合は翌火曜日)
  • 開館時間:午前11時~午後7時(金曜日と土曜日は午後8時まで/入場は閉館の30分前まで)
  • 会場:東京オペラシティ アートギャラリー
  • 観覧料:
    • 一般1000円
    • 高・大学生800円
    • 小・中学生600円
  • 主催:東京オペラシティ文化財団、読売新聞社
  • 特別協賛:ジャパンリアルエステイト投資法人、NTT都市開発
  • 協賛:キヤノンマーケティングジャパン
  • 協力:相互物産、松竹
  • 企画協力:後藤繁雄事務所+G/P gallery