PR

鹿島道路は、深さ100~200mmの浅い表土をかくはんして改良できる新型ストーンセパレーターを開発し、東京都渋谷区にある明治神宮の参道の不陸整正工事に初適用した。粗い石を下層に、細かい石を上層にそれぞれふるい分けることで、残留した粗い石の除去作業が省ける。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料