PR

北海道北斗市に架けた北海道新幹線の橋で、桁下の高さが道路構造令の基準を56.5cm下回っていることが判明。(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構は10月22日、基準が求める4.7m以上を確保できるよう、同橋と交差する道路を掘り下げて補修すると発表した。桁下の高さ不足は設計ミスが主因だが、十分に照査しなかった施工者などにも補修費用を請求する考えだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料