PR

三菱地所は10月18日、仙台市内で起こった宅地陥没事故の復旧工事を巡り市との協議が難航したため、仙台地方裁判所に調停を申し立てた。事故原因の調査で有識者の委員会が責任の所在などに触れなかったので、当事者間では復旧に掛かった費用の負担割合について合意が困難になっていた。裁判所に調停を委ねることには仙台市も同調している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料