PR

岩手県は10月19日、東日本大震災で被災した橋の復旧工事で、材料単価を間違える積算ミスがあり、契約額が約370万円過大になったと発表した。工事は6月に完了し、工事費の支払いも済んでいる。すべて国費で賄われる工事だが、過大な支払い分については県が負担する方針だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料