PR

会計検査院の2011年度決算検査報告で、国の予算執行に関して会計処理が不適切と指摘した金額は計5296億742万円に上った。法令への違反などが認められる「不当事項」の金額は191億3383万円で、そのうち国土交通省関連は10億7021万円と、前年度に比べて約6割減少した。不当事項のうち国交省関連が占める割合は前年度の18.5%から5.6%へと大きく低下した。会計検査院が11月2日に発表した検査報告の概要で明らかになった。

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)