PR

千葉県浦安市は10月25日、東日本大震災による液状化で地上から1m以上も浮上したマンホールの保存工事に着手した。震災の教訓を後世に伝えるのが目的だ。対象は、高洲中央公園の駐車場に設けたマンホール。地下に埋設した容量100m3の耐震性貯水槽から水をくみ上げるために1996年度に設置したが、東日本大震災では機能しなかった。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料