PR

高知市は10月27日に下水道工事現場で作業員2人が死亡した事故を受け、再発防止策の一環として、大中口径の汚水管などを推進工法で施工する際、遠隔操作方式の導入を新たに検討する。海治甲太郎・都市建設部長が11月5日に市議会で表明した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料