PR

都市再生機構(UR)は10月31日、宮城県女川町で実施するCM(コンストラクション・マネジメント)方式を使った復興事業で、CMr(コンストラクション・マネジャー)に鹿島・オオバJVを選定した経緯を発表した。4者が参加したプロポーザルで、現場運営に関する情報を情報統括グループが一元管理するなどとした同JVの提案を、最もマネジメント体制に具体性があり、説得力が高いと評価した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料