PR

京浜急行電鉄は11月7日、脱線事故を起こした9月24日の土砂崩れは、表層よりも深い層から崩れる「深層崩壊」とみられると発表した。事故現場の防護柵を強化するほか、類似している沢状地形の斜面14カ所でも落石検知装置を設置するなどの対策を実施する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料