PR

会計検査院は2011年度の決算検査報告で、林野庁が国庫補助金を支出した2件の護岸工事に設計ミスを指摘した。事業主体は埼玉県と山梨県甲斐市と異なるものの、いずれも施工位置の土質を十分に確かめず、れき質土を転石や軟岩と判定していた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料