PR

東亜建設工業は福島大学と共同で、放射性セシウム(以下、セシウム)に汚染された水域の底泥を除去する小型で軽量の装置を開発した。直径1.2mの釣り鐘型で重さは450kg程度と、道路事情が悪い地域にも持ち込みやすいサイズや重さにしている。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料