PR

 東日本高速道路会社は12月22日、東日本大震災で被災した高速道路の本復旧を完了。東北自動車道など同社が管理する高速道路の17路線で、路面の縦断線形の修正や橋のジョイントの交換など、すべての本復旧工事を終えた。2011年9月の着工から約16カ月間を要した。

常磐自動車道の被災状況と本復旧工事を終えた様子。以下も上の写真が被災状況で下が復旧後(写真:下の6点の写真と資料も東日本高速道路会社)
常磐自動車道の被災状況と本復旧工事を終えた様子。以下も上の写真が被災状況で下が復旧後(写真:下の6点の写真と資料も東日本高速道路会社)
東北自動車道の被災状況と復旧後
東北自動車道の被災状況と復旧後

 道路の延長で約367km、車線の長さでは約950kmにわたって、縦断線形の修正などと併せて舗装を打ち替えたほか、65橋で支承やジョイントの交換などの工事を実施した。本復旧に要した費用は、調査や設計などを含めて約490億円。

東北自動車道の434.3kmポスト付近。同所は2011年4月7日に発生した東日本大震災の余震で路肩の盛り土が崩れた
東北自動車道の434.3kmポスト付近。同所は2011年4月7日に発生した東日本大震災の余震で路肩の盛り土が崩れた
仙台東部道路では橋のジョイントが損傷した
仙台東部道路では橋のジョイントが損傷した

 本復旧の工事を終えたのは、東北自動車道と釜石自動車道、山形自動車道、東北中央自動車道、磐越自動車道、常磐自動車道、館山自動車道、東関東自動車道、東京外環自動車道、北関東自動車道、仙台北部道路、仙台東部道路、三陸自動車道、東水戸道路、京葉道路、東京湾アクアライン、圏央道の17路線。

●本復旧工事の対象区間

 東日本高速道路会社が管理する高速道路のうち、被災を確認したのは20路線。道路の本線以外が損傷するなどした関越自動車道など3路線の補修工事は、この本復旧工事には含んでいない。