PR

首都高速道路会社が設置した大規模更新に関する委員会(委員長:涌井史郎・東京都市大学教授)は1月15日、検討対象とした6路線75kmのうち、必要な箇所に大規模更新・修繕などを実施すると、概算で7900億~9100億円掛かることなどを盛り込んだ提言書をまとめた。さらに、大規模更新が必要な区間のうち、1号羽田線の東品川桟橋などは、実施に向けて早急に検討に着手すべきだと指摘した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料