PR

原子力規制委員会の地震・津波に関する検討チームは1月29日、第8回会合を開き、原子力発電所の新安全設計基準の骨子案に関する議論を終えた。新基準では、最新の知見を踏まえて最大規模の「基準津波」を具体的に設定し、重要施設の敷地に遡上させないようにしなければならない。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料