PR

宮崎県の国道268号紙屋大橋(小林市)で、補修工事の一環として舗装したばかりの路面に多数のひび割れが相次いで生じている。県は、「発生した範囲が広く、単なる舗装工事のミスで生じたひび割れとは考えられない」(道路保全課)として有識者の検討会を設置。2月22日に初会合を開いて、原因の究明に乗り出した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い