PR

東日本大震災で被災した海岸堤防が3月23日、宮城県内で初めて本復旧した。場所は、背後に仙台空港や下水道処理場といった重要施設がある合計約5kmの区間。津波が越流しても壊れにくい「粘り強い構造」を初めて採用した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い