PR

山梨県は2013年度以降、県が管理する橋梁の図面を、作成後10年での廃棄を原則とする規定にとらわれず、より長期間保存するようにする。11~12年度に補修した橋梁の約半数に建設時の図面がなく、新たに図面を起こす必要が生じたことを、県議会で問題視されていた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い