PR

あと3回、多軸台車を使って一括架設

 今回の取材日は、計4回ある多軸台車による桁一括架設の1回目だ。交差点をまたぐ北行きの桁で、架設ベントで区切られた半分にあたる。南行きの1径間には、今回の様な吊り上げでなく、多軸台車上の架台による架設がある。交差点の前後の区間ではクレーンによって架設する計画だ。

側面図(南行き)(資料:首都高速道路会社)
平面図(資料:首都高速道路会社)
側面図(北行き)(資料:首都高速道路会社)
(資料:首都高速道路会社)

工事概要

  • 名称=(負)高速八重洲線架替上部・橋脚工事
  • 施工場所=東京都中央区銀座8丁目他
  • 発注者=首都高速道路会社西東京管理局
  • 設計者=概算設計:パシフィックコンサルタンツ(管理技術者:鈴木久尚)、実施設計:IHIインフラシステム(管理技術者:笠坊英彰)
  • 施工者=IHIインフラシステム(現場代理人:柿沼康浩、元請けの技術者数:9人)
  • 主な専門工事会社=宇徳(多軸台車)、八千代建設(架設)、OXジャッキ(ジャッキアップ)
  • 工期=2011年3月29日~2014年3月22日
  • 工費=12億2745万円
  • 方式=技術提案価格交渉方式(複数者交渉タイプ)
  • 予定価格=なし

勝田尚哉(かつたしょうや)
写真家・ライター
勝田尚哉(かつたしょうや) 1962年東京生まれ。東京理科大学理工学部建築学科卒、1985から2006年まで竹中工務店勤務を経て現在、株式会社カツタ写真事務所代表取締役。専門は建築写真。一級建築士・一級建築施工管理技士、日本写真家協会(JPS)・日本広告写真家協会(APA)・日本建築写真家協会(JAPS)会員。建築写真の技法を使った建設中の建造物・現場の写真作品制作・発表活動を展開している。ブログはこちら