PR

九州大学大学院の貝沼重信准教授と東京鉄骨橋梁、日本電測機(北九州市)は共同で、コンクリートで覆われた鋼製橋脚の地際(じぎわ)部分などの腐食を推定する非破壊検査システムを開発した。原子力発電所やプラントで使用している「渦流探傷検査」を応用。さびや塗膜、周囲のコンクリートを除去せずに検査できる。腐食深さの推定手法について、特許を出願中だ。4月25日に発表した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い