PR

埼玉県秩父市で5月16日午後零時30分ごろ、県道363号石間(いさま)下吉田線で道路脇の斜面が崩落。土砂や岩塊が道路を完全にふさいで通行止めになった。崩落した斜面の直下では掘削工事を行っており、埼玉県ではこの工事が崩落の一因になったとみている。県は迂回路を整備して、22日から開放している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料