PR

国土交通省が5月28日に開催した「トンネル天井板の落下事故に関する調査・検討委員会」(委員長:今田徹・東京都立大学名誉教授)の第5回会合で、中央自動車道・笹子トンネルの事故は設計、施工、維持管理全てに問題があったことが原因だとする見解を明らかにした。笹子トンネルの天井板を支える接着系アンカーボルトが、当初の設計時点で2程度の低い安全率しか確保できていなかった事実も新たに公表した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い