PR

復興道路に位置付けられた三陸沿岸道路の気仙沼―唐桑間に建設する「気仙沼湾横断橋」の橋梁形式が決まった。国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所が6月26日に開催した「気仙沼地区橋梁技術検討総括委員会」(委員長:中沢正利・東北学院大学教授)で、六つの形式を比較検討した結果、中央径間長350mの鋼斜張橋を海上横断部に採用する案を選んだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い