PR

 住友林業は、航空測量技術を活用して森林の状況を高精度に把握できる森林資源量解析システムを稼働させた。北海道下川町の林業システム革新事業の事業者に選定され開発したもので、森林資源量を的確に把握して、適正な森林管理を目指す。

航空写真とレーザー測量を組み合わせた立体画像(資料:住友林業)
航空写真とレーザー測量を組み合わせた立体画像(資料:住友林業)
レーザー測量のイメージ(資料:住友林業)
レーザー測量のイメージ(資料:住友林業)

 新システムは、航空写真とレーザー測量を組み合わせた航空測量技術で、樹種や樹高、立木本数、蓄積量などを高精度に測定する。航空機のレーザースキャナーで計測した地上までの距離と、GPS(衛星利用測位システム)やIMU(慣性計測装置)から得た航空機の位置情報を利用して、標高や森林の状況を精密に割り出す。

 樹高は数メートル単位、本数は数十本~数百本単位の誤差という精度で把握できるという。これによって、樹木の種類や樹齢、育成状況がほぼ一様で、隣接する森と区別できる森林「林分」ごとのデータベースを構築できる。