PR

 東北大学災害科学国際研究所は7月10日、東日本大震災の津波の痕跡高を「ヒトの目線」で確認できるウェブサイトを公開した。土木学会などによる「東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ」が調べたデータをグーグルアース上に表示している。

 公開したウェブサイト「ヒトの目に映る3.11津波浸水」では、津波の痕跡高をポリゴンバーで表現。津波の痕跡高の分布を鳥瞰できる。また、バーをクリックすると画面が遷移し、人間の目線で津波の高さを確認できる。

 学術用に利用されている津波の痕跡高のデータを、一般の人にも分かりやすく発信するのが狙い。ウェブサイトの構築を担当した東北大学災害科学国際研究所の佐藤翔輔助教は「防災・減災教育に活用してほしい。要望があれば、カスタマイズなども可能だ」と話す。

ウェブサイトの初期画面(資料:東北大学災害科学国際研究所)
ウェブサイトの初期画面(資料:東北大学災害科学国際研究所)

岩手県宮古市田老地区の津波痕跡高(資料:東北大学災害科学国際研究所)
岩手県宮古市田老地区の津波痕跡高(資料:東北大学災害科学国際研究所)

岩手県宮古市田老地区の津波の痕跡高を人間の目線で確認する様子。津波の痕跡高を示すポリゴンバーには、位置情報や調査した建設コンサルタント会社名などのデータが埋め込まれており、ウェブサイト上で確認が可能だ(資料:東北大学災害科学国際研究所)
岩手県宮古市田老地区の津波の痕跡高を人間の目線で確認する様子。津波の痕跡高を示すポリゴンバーには、位置情報や調査した建設コンサルタント会社名などのデータが埋め込まれており、ウェブサイト上で確認が可能だ(資料:東北大学災害科学国際研究所)