PR

福井大学工学研究科の鈴木啓悟講師らは、鋼床版のリブに設置したセンサーで大型車両通過時のひずみ応答を測り、軸重を割り出す手法を開発した。鋼床版の疲労環境を把握し、今後の点検や疲労設計に生かすことができる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い